台風18号が過ぎ去った9月17日、鳥居平の畑に行ってきました。

皆様の地域はご無事でしたか?
被害にあわれた方々に心よりお見舞いを申し上げます。

「山梨はそんなに被害はない」と毎年聞くのですが、県外在住の週末ファーマーにとっては無事に過ぎ去るのを祈りながらの到着。
台風一過の晴天で久しぶりにアルプスの山々がはっきり。
そして涼しい風。
まずは周辺の畑も静かなことから勝沼では大きな被害がなかったことを肌で実感。

さて我々鳥居平ワインクラブの畑は・・・・。
多少、害獣ネットが多少風で煽られていた以外は何事もなく、熟し始めた葡萄たちも無事でした。
ホッ!!

強いなぁ。
心配事など人間の考える範囲。この時期に台風が来ることなど自然にとっては当たり前で、それも含めてバランスとって実っていくものなのでしょうか。

なんとも逞しくまぶしい。

一枝、風によって折れてましたので、それに付いてた実を東夢ワイナリーさんのBrix計で計測。結果は・・・・

18度!!!

種の周りにまだまだ酸味もあり、あと一週間たてばいつでも収穫できる状態だとか。
来年はもっと小粒で房も大きく、ワイン用の葡萄らしく仕上げていきます。
本格収穫が待ち遠しい。

そして次の写真、先の写真と見比べてくださいませ。全部甲州を植えたはずが、一本だけこんな実が・・・???

これはどう見ても甲州ではない!
突然変異か!?グリか!? とメンバーを悩ませましたが、答えは・・・・・

なんと、ピオーネでした。

苗木に交じっていたのでしょう。
酸味もなく甘くて美味しい。

このままにして、作業の合間につまみ食い。そうだ干しぶどうにしてもいいね!

おまけの子。偶然か必然か。面白い。
ではでは、また♪