TWCではナギナタガヤによる草生栽培に取り組んでおります。

しかしながら下草の領有権を巡る闘いは熾烈そのものとなり、春が来ると雑草との陣取り合戦となります。

さながら、コブラvsマングースです!

闘い方にもその草ならではの闘い方があり、なんか人間界っぽいな〜なんて思ったりします。

・根を張って高さで勝負する草

・ツルを伸ばして覆い被そうとするちゃっかり便乗戦法の草

・とにかくタネを大量に飛ばしまくる数撃ちゃ当たる戦法の草

人それぞれ、いや、草それぞれなわけであります。

この写真、わかりますでしょうか。下がイネ科のナギナタガヤ、上がマメ科のフェアリーベッチです。

フェアリーベッチはつるを伸ばして上に覆いかぶさろうとします。

覆いかぶさろうとするのはオスの本能でしょうか?笑

マメな人になりたい栽培担当の中田でした!