剪定作業
少しずつ寒さも和らいできて
春はすぐそこまできている感じです。
早くお花見がしたい・・・

この3連休は、土日と剪定作業を行いました。

2013年よりカーテン仕立てにて栽培してきて
昨年からGDC(geneva double curtain)仕立てに変更。

ただ昨年は勉強不足もあって、剪定作業に手間取ってしまうだけでなく
樹形も決まらないといったところでした。

剪定作業
今年は、剪定作業初めてという方もいましたし
昨年の失敗から事前に完成イメージを共有し
行きの電車内でもホワイトボードで剪定勉強会を行いました。

剪定作業
まずは幼木の剪定から。
剪定箇所やら水の吸い上げなど説明しています。
幼木も残り数本なので、この剪定作業も今年が最後になるかもしれないです。
貴重な作業体験だったかも。

五味葡萄酒さんとモンデ酒造さんのワイン
お昼は当然のようにワインも。
つまみは、和歌山県産ぶどう山椒を使った柿の種。
ぶどうの味は、全くしません。
山椒の実の粒が、 ぶどうのように房なりになるからだそうです。

剪定作業
今回、初めて参加の方も10本以上の樹で考え作業してもらったので
結果母枝のチョイスや簡単な誘引まで
かなり理解して頂けたのではないかな。

イメージした樹形になっていってくれるのか・・・
これから楽しみです。