ぶどうの新芽の天ぷら
私たちの畑も鮮やかな芽が出てきました。
新芽は、やはり天ぷらで食べたいところ。

まずは不要な芽を欠いていく作業です。
美味しそうな芽を欠くのではなく、樹形を考えて芽欠き。
それほど難しい作業ではないので、1時間掛からず終了。

ぶどうの新芽の天ぷら
今回の畑作業は、ほとんど草刈でした。
上部は、しばらく放置していたので、草だけでなく木まで伸びてしまっている状態。
開墾に近い作業となってしまいました。
役所の方がマイ草刈機で頑張ってました。

来年ここに赤ワイン用ぶどうを植えることが出来るのか・・・
品種は何になるんでしょうね。

ぶどうの新芽の天ぷら
欠いた甲州の新芽はこんな感じ。
この他にピノ・ノワール、マスカットベーリーA、ピオーネの新芽も。
一応、畑に植わっているタナとカベルネは取り忘れました。

ぶどうの新芽の天ぷら
ビールで乾杯しながら
小屋にて、次々に揚げていきます。

ぶどうの新芽の天ぷら
まずは甲州。
揚げてしまうと葉の形がわかりにくいですが
味は、それぞれ違うんです。

ぶどうの新芽の天ぷら
これはたぶんピノ・ノワール。
甲州よりも酸味を強く感じました。

ちなみに後ろに写っている樹は、東夢さんのメルロー。
やはり葉の形が違います。

赤品種は、タンニンを感じます。
以前カベルネを食べたことがありますが、かなり強く感じましたよ。

ぶどうの新芽の天ぷら
これはぶどうの芽ではないですが
畑に自生していたイタドリの若芽(らしい)です。
なかなか酸味が強い!

ぶどうの新芽の天ぷら
そして、筍を天ぷらと素揚げにて。
前日に河口湖の方で採ってきたみたいです。
柔らかくて美味しかったけど、熱かった。

ぶどうの新芽の天ぷら
天ぷらということで・・・
ワインだけでなく日本酒も。
TWCワインは、2015と2016の飲み比べ。

余った甲州の芽は持って帰って、掻き揚げにしたメンバーもいるとか。

ぶどうの新芽の天ぷらは、TWCのゴールデンウィーク恒例行事です。
また来年お会いしましょう!