20140316-182137.jpg
3月、一ヶ月遅れて剪定作業を終わらせました。

雪の影響は無かったとお伝えしていましたが、二年目の小さな苗木が10本ほど、雪の重みでくの字となってダメージを負っていることがわかりました。
何本かは致命的でしたが、これで済んだと思えばなんてことはありません。

最南端の畑では水揚げが始まり、春の訪れがもうそこまで来ています。

そんななか、小さなカマキリの巣が棚上の高いところにあるのに気がつきました。
2mほどの高さで、こんな高い位置は見たことがありません。
いつもは1mくらいです。

彼らは大雪を予知していたんでしょうか。虫の知らせ?